業者選び

部屋

不動産とは土地や建物のことを言います。
不動産は時代の流れとともにその価値が変わってきます。
バブルの時期は高騰した不動産も不況の現代においては当時と比べると随分と価値を下げていると言えます。
では、今後の不動産はどのように変化していくでしょうか。
これは地域によっても若干ちがいがありますが、一般的に土地建物ともに余ってくると言われています。
その理由は、少子高齢化社会で象徴されるように老人が増えているため、一軒家を手放してマンションなどに住処を変えたり、亡くなって相続人がいない状態の家があちこちに増えているのです。
特に田舎のほうは若者が少なく老人が多いため家が空いても買い手も少なく、建物の空家がたくさんあります。
今後もその傾向が続いていくでしょう。

空家が増えると、買い手のない土地と建物ばかりになりそうです。
ですが、現状ではそのようなことはなく、空き家は意外と人気があるという面白い流れになっています。
これは、空家とその土地を購入してリフォームするという若い世代の人たちが都会を中心に増えているのです。
これは、新築を購入するよりも空家と土地を購入してリフォームしたほうが安く上がるということがその理由に挙げられます。
また、空き家をなくすために国も補助をしてくれるため一昔前と違い、土地と建物を買って、そのうえでリフォームをしてもそれほど大きな負担にならないのです。
また、長期優良住宅は国の補助の制度が充実しており、空き家をリフォームして長期優良住宅にすることも可能で、メリットがたくさんあります。
空家が増えたからこそできる新しいマイホームの購入方法なのです。